TEAM TOSHIRO HASHIRO
 ‹‹ HOME

Part1 伊勢››
Part2 飛鳥››
Part3 吉野山››
Part4 奈良公園››
Part5 西の京・平城宮跡››

■ 伊勢・奈良ぶらり5日間の旅 ■
Part3 吉野山

吉野01
花矢倉展望台

2014年7月2日(水)

 矢印:電車 矢印:ロープウェイ、バス 矢印:徒歩

7:57 八木西口駅
    矢印
9:16 吉野駅
    矢印
10:00 金峯山寺
    矢印
10:30 吉水神社
    矢印
11:15 竹林院
    矢印
12:05 金峯神社、西行庵、ランチ
    矢印
14:05 花矢倉展望台
    矢印
14:05 如意輪寺、五郎平茶屋公園
    矢印
16:00 吉野駅
    矢印
18:30 近鉄奈良駅、ホテル

■ 八木西口駅〜吉野駅

今日も薄曇で、絶好の登山日和だ。八木西口駅を8時に出発し、橿原(かしはら)神宮前駅で吉野行き乗り換えるが、ここの構内でコインロッカー(300円)に大きなリュックを預ける。

途中からいつの間にか線路が単線になり、山の中を登っていく。シーズンオフの平日なので、やはり観光客はほとんどいなく、結局終点の吉野駅に到着したときホームに降りたのは、私も含め4人だった。

吉野02 吉野03

吉野駅からすぐのところにロープウエイがある。一瞬、歩いて登ろうかとも思ったが、明日以降のこともあるので、ロープウェイを利用。かなり小ぶりのキャビンで、まるでスキー場のロープウェイのようだ。

乗客は先ほど吉野駅に降りた4人。3分で吉野山駅に到着した。

■ 金峯山寺

吉野山駅からしばらく歩くと、黒門、銅鳥居がある。銅鳥居は文字通り銅製でかなり迫力がある。

吉野04 吉野05

銅鳥居を抜けるとすぐに、金峯山寺の山門だ。現在改修中だが、阿形(あぎょう)、吽形(うんぎょう)の金剛力士像が迎えてくれる。

吉野08

吉野07 吉野06

金峯山寺蔵王堂。国宝、かつ世界遺産である。かなり古さを感じ、迫力満点だ。今回は拝観出来る時期ではなかったが、金剛蔵王権現立像は是非見てみる価値がありそうだ。

吉野09

■ 吉水神社

金峯山寺からすぐのところに吉水神社がある。ここには後醍醐天皇と楠正成公を奉ってある神社と、後醍醐天皇が1331年に南朝とした皇居がそのまま保存されている。

吉野10 吉野13 吉野11

神社に入ったすぐのところに石碑があり、「明治維新は南朝の確立」と堂々と表記してある。明治天皇の前天皇である孝明天皇は北朝系であるが、一説では孝明天皇の子供と、南朝系の子孫を摩り替えて、明治天皇に仕立てて南朝を復活させたという話もある。

現在の東京の皇居の前には、南朝を支持した楠正成の銅像があり、これも明治政府が建てたものだ。

ここの皇居の中を見学。やけに照明が暗く、襖の絵がよく見えない。これも保存のためなのかと思っていたが、係りの人に確認したら、単に照明を付け忘れていたと。観光客が少ないと、気が抜けるのであろう。また、写真も自由に撮ってよかった。

吉野12 吉野14

上記左写真は後醍醐天皇玉座、右はなんと歴代天皇の肖像画で、神武天皇から昭和天皇まである。マイブームの天武・持統天皇は、以下。本当かな〜。

吉野15

■ 竹林院、他

勝手神社前バス停の交差点から右斜めに道を入っていくと、喜蔵院、桜本坊、竹林院がある。特にこれと言って特徴は無いので、お参りだけ。

吉野16 吉野17

吉野18

竹林院から上の奥千本口までは、バス(400円)で行くことにした。バスで約15分もかかり、歩くととんでもなく時間がかかってしまう。

バス停で一緒に待っていた老夫婦にどこから来たのか聞いたら、なんと横浜からだと。偶然ですね〜。

■ 金峯神社、西行庵、昼食

12時5分、奥千本口バス停に到着。バスを降りたのは、先ほどの老夫婦、おばちゃん2人連れ、若い男性1人と、私。やはりシーズンオフである。

バス停を降りて気づいたが、この辺りには全くお店が無く、お昼を食べられない。しまった! 下に降りるまで我慢の修行だ。

金峰神社の鳥居は、つい最近新しく建替えられたものだ。鳥居に中央には「修行門」とある。金峯神社の左下には義経の隠れ塔がある。

吉野19 吉野20 吉野21

義経の隠れ塔を見た後、さらに奥にある西行庵を目指し山道に入っていく。人が少ないので、本当にこの道でいいのか不安になりつつも、おばちゃん2人連れと一緒に登山道を歩く。

そしてようやく西行庵に到着。確かに俗界とは違う雰囲気が漂っている。

吉野24 吉野22

西行庵の場所には東屋(あずまや、屋根のある休憩所)があり、ここで飲み物を飲んでいたら、一緒に来たおばちゃんがお弁当を広げ、私に奈良名物の柿の葉寿司をご馳走してくれた。さばとさけの押し寿司で結構おいしい。

おばちゃんたちはバスの運転手から、上には何も無いので下でお昼を買っていったほうがいいと言われて調達したようだ。旅で出合った人と話をすると、いいこともたまにはある。下に降りるまで我慢する必要が無くなった。ほっ。

西行庵の近くに湧き水の苔清水(こけしみず)がある。西行が飲んだ水を一口飲んでみる。修行中に飲む水はさぞかしおいしかったであろう。

吉野23

13時に金峯神社に戻り、ここからは徒歩で山下り。

■ 高城山展望台、花矢倉展望台

20〜30分ほど下ると、高城山(たかぎやま)展望台がある。桜の季節もいいが、ここは特に秋になると紅葉がきれいだそうだ。さらに20分ほど下ると、吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)。社殿は豊臣秀頼が再建し、子宝の神として信仰されている。

吉野25 吉野26

吉野27

またさらに下ると、かの有名な桜の絶景が望める花矢倉展望台があり、登ってきた街並みと周囲の山が一望出来る。残念ながらいまの季節は全く桜はないが、この景色を見ながら桜を想像するだけでも、気分はいい。

吉野28

でも、次回は絶対に桜の季節に来たい!

■ 如意輪寺、五郎平茶屋公園、吉野温泉元湯

花矢倉から如意輪寺(にょいりんじ)へは、誰も歩いていないが思い切って山の中の道を下ってみる。かなり細い道だが、ところどころには案内があるちゃんとした登山道だ。

吉野29 吉野30 吉野31

本当にこの道であっているか多少不安になりつつも下っていくと、35分ほどで大きな道に出て、その下に如意輪寺があった。後醍醐天皇、楠正成公ゆかりの寺である。

如意輪寺からさらに下ると、右に曲がるとそのまま下まで下る道があるが、ここをそのまま進み、すこし登ると五郎平衛茶屋がある。お店があるわけでもなく単なる広場で、今の時期は大して面白くも無かったが、桜の時期にはここでお弁当を広げるのもいいかも。

吉野32 吉野33

また、さっきの分岐点まで戻り、ささやきの小径と呼ばれている舗装された道を下る。周りは吉野杉がまっすぐに伸びている。

吉野35 吉野34

ようやく吉野駅の近くまで来ると、吉野温泉元湯(もとゆ)という温泉旅館がある。ここは、日帰り入浴も可能だと聞いていたので、今回の登山の最後の楽しみにしていたが、シーズンオフは日帰り入浴はやっていなかった。残念。ちなみに山の上にある旅館「宝の屋」の日帰り入浴もシーズンオフはやっていなかった。

16時、近鉄吉野駅に到着。駅前のお土産やで、ソフトクリーム「さくらよもぎ」を買い、縁台に座って食べる。う〜ん、歩いた後のアイスはおいしい。他に客もいないので、お店のおばちゃんと世間話をして、お土産に吉野葛餅(くずもち)を購入。

16時37分の電車で吉野駅を出発。

■ 近鉄奈良駅、ホテル

18時30分頃に近鉄奈良駅に到着。地下にある駅から地上に出ると、方向がわからない。スマホの地図を見てもよくわからないのである。辺りをしばらく歩き回ってようやくホテルの方向がわかり、無事チェックイン。スマホのコンパスを使えばよかったと後で思った。

ホテルは、ホテルフジタ奈良で、朝食なしシングル1泊3700円(今回は2泊)。部屋も広くてきれい。おすすめのホテルだ。夕食は駅の近くのお店で、チーズポテト焼きにキムチ、ビールにハイボール。

吉野36 吉野37

今日も1日よく歩いた〜。

(つづく)

  【TOPへ戻る】


Copyright TEAM TOSHIRO HASHIRO All Rights Reserved.
inserted by FC2 system