TEAM TOSHIRO HASHIRO
‹‹ HOME

■ 東京マラソンレポート ■

最初に:

今回、当選確率10倍の難関を乗り切り、初めて東京マラソンに参加しました。これまで参加した大会で、一番素晴らしい大会でした。

この大会を運営されたスタッフ、ボランティアの方、協賛の企業、そして家族を含め、沿道で応援していただいた全ての方に感謝いたします。

■2013年2月22日(金):2日前

受付 受付 は21日から前日の23日までゴール会場の東京ビッグサイトで行っており、22日(金)の午後、半休をとって会場に向かった。会社のある浜松町からビッグサイトのある国際展示場駅まで、電車で約30分の距離だ。

PM1時過ぎには会場に到着したが、まだ平日とあって受付はすいている。本人確認の為の運転免許証を見せる。写真入りの証明書が必要なのだ。受付はスムースに完了。 受付け後に、計測用チップの動作チェックをセンサーで行い、自分の名前が出てきて一安心。

その後、参加賞のTシャツをもらった。


各ブース 受付会場 では、協賛各社が展示販売を行っており、また各ブースでいろんなイベントが催されていた。千葉真子さんやアシックスの池田美穂さんの、どうやって東京マラソンを攻略するかなど、市民ランナーにはとても参考になる話で盛り上がっていた。

スタートから10K付近まではなだらかな下りが続き、調子が良いと勘違いするので、絶対にオーバーペースにならないようにと。


目標 目標タイム をSEIKOのブースで宣言。今回は被り物だけでなく、ウエアも仮装してのファンランだが、前回の富士山マラソンより10分早い目標にした。

がんばって、楽しむぞ〜。

■2013年2月24日(日):当日

5時58分の電車に乗り、新宿駅に7時丁度に到着。すでにランナーが大勢集まっている。駅の西口付近のトイレに並んだが、まだ時間が早かったので、待ち時間は10分程度だった。

スタート会場の都庁前までは徒歩10分程度で到着。外は結構寒いが、快晴で風もあまり無い。絶好のマラソン日和だ。

スタート会場付近では、観客は入れないようにランナー専用区域が設定されており、ゼッケンと、荷物預け袋を見せて入る。ランナー専用区域では、人は多いのだが、そんなに混雑しているようには見えなかった。到着時間が早かったせいもあるのだろう。

荷物トラック 広場で今回のウエアに着替え、リュックを荷物預け袋に詰め込み、指定されたトラックに持っていく。自分の指定番号の36番トラックを探し、係員に荷物を渡した。いたってスムースである。

トラックは数十台はあり、ランナーの荷物を無事にゴール会場まで届けてくれる。

くまモン スタート前 の記念撮影。近くにいた人と、お互いに撮り合う。今回はくまモンの被り物と、ウエアは生地屋で黒のボア生地を買い、ワンピースタイプの着ぐるみ風ウエアをミシンで自作した。割りといい出来である。

スタート位置は、ゴールタイムの自己申告によりAからKまで分けられておりゼッケンに表示してある。それぞれ専用の入り口があり、係員が一人一人チェックするので違う場所には並べない。 しかし、申告の時に早いタイムを申告していれば前に並べるので、ランナーのマナーが問われるところである。

スタート地点のGブロックには早めに並んだので、比較的そのブロックの前の方だった。ウォークマンのヘッドホンをセット。4時間以上走り続けるのに、音楽は欠かせない。

スタート 9時10分 猪瀬都知事によるスタートの号砲で、36000人(フル35,500人、10K500人)のランナーがスタート。

くまモンがスタートラインを踏んだのは、約10分後であった。36000人の人が参加して最後のランナーは約20分後にはスタートラインを切れるということで、道幅が十分に確保されていないと出来ないことである。

【全体コースと、高低差】
表示を拡大すると見やすくなります。CTRLを押し、マウスのホイールボタンで簡単に拡大縮小が出来ます。
コース


ペースランナー スタート後 しばらくは、ランナーがまだひしめき合って走る状態が続く。確かに下りとは感じないぐらいの下りで、ついスピードを出したくなるが、我慢して、体をほぐすという感じでゆっくりとラン。

しばらくすると、5時間のペースランナーに追いつく。彼らから追い越されなければ、公式タイムで5時間は切れる。

5Kから 皇居手前付近の沿道の応援イベント。チアリーダー、和太鼓など、沿道もかなり盛り上がっている。

event1event1event1


竹橋付近 7K竹橋 あっという間に皇居まで来た。
ここはいつもチームで走っているコースで、普段は皇居周りの歩道を走っているが、今日は広い車道を堂々と走れる。


桜田門 皇居桜田門付近 皇居をチームで走るときは、桜田門前広場からスタートするので、記念に沿道の係員に写真を撮ってもらう。

皇居を過ぎると、東京タワー、増上寺の横を走る。増上寺の門の上からもお坊さんの応援。フラダンスのお姉さんに手を振ると、「がんばって!」の応援。

event1event1event1


品川 15K付近 を過ぎ、品川駅付近で折り返し。

15kまでのペースは、およそ6分40秒/1K。まずまずのペース。

銀座 20Kを過ぎ 有楽町のガード下を越えた付近で家族が応援しているはずなので、左側の沿道を注意深く見ながらランしていると、いた! 本当にゆっくり走らないと、気づかずに通り過ぎていくところだった。 一旦止まって、写真を撮ってもらう。

知り合いからの応援はやはり元気が出る。

バナナ 銀座を通り抜けたところの給食ステーション。バナナは今日が一番おいしいくなるように輸入されているとか。せっかくなので1つ食べてみる。なるほどおいしい。

足の調子がいいので、25Kを過ぎたあたりから6分30秒/1Kに、少しだけペースを上げる。1K10秒のアップだが、5K33分台を32分台にすることになる。



浅草寺 まで来ると、もう28K付近。浅草寺の前は、一段と人が多く、イベントで大盛り上がり。 東京スカイツリーがでっかく見える吾妻橋手前で折り返し。

event1event1


ワイン 30K を過ぎたところの私設エイドで、なんとワインをサービスしているではないか。誘惑に負けて一口。まるでドーピング剤のようで、元気がまた出る。

最後の登り 40K過ぎ の最後の上り坂。周りのランナーは結構へばっているが、くまモンは俄然調子が上がり、どんどん追い越していく。
沿道の応援者からも「くまモン、ナイスラン!」

35K〜40Kの5Kは29分42秒で、ペースは5分台/1Kにあがった。

ゴール ゴール ゲートをくぐり、無事完走。

 公式タイム: 4時間45分43秒
 ネットタイム:4時間35分47秒



ゴール2 ゴール後 いつものようにゴールに向かって、「無事に完走でき、ありがとうございました」と一礼。その後、近くのランナーとお互いの写真を撮りあった。

ゴール後 ゴール後の通路もまだランナー専用区域で、そのまま歩いて行くと、完走賞のバスタオル、メダル、水、バナナ、みかんなど、歩きながらそのまま受け取れるようになっている。
その後も、エアサロンパスの配布、それを吹きかけるためにイスの設置など、まったく待ち時間もなく全てがスムーズな流れとなっている。

ゴール後 右の写真は、荷物を引き取る場所で、係員が私のゼッケン番号を見てすばやく持ってきてくれた。この先に広い着替えの場所があり、そこで着替え、その先にようやくランナー以外の人と待ち合わせる場所がある。

私は利用していないが、着替えの場所には足湯もあったようだ。


仮装ギャラリー
AKB3人組。フルフェイスの戦隊者。ギターを弾き、歌いながら走る人。メンチカツ。そして十字架を背負ったキリストは、はだしでラン。参りました!

ちなみにくまモンは、出会っただけでも5匹はいて、「がんばりましょう」とお互いに声をかける。やはりくまモン人気はすごい。他にもたくさんの仮装ランナーが走っていた。

event1event1
event1event1
event1event1



■走り終えて


参加賞完走賞 参加賞、完走賞:
参加賞のTシャツは、受付のときにもらった。このTシャツを着て走る人も多かった。

完走賞は、大き目のバスタオルとメダル。バスタオルはランナーひとりの肩に係員が掛けてくれた。他には、水やバナナ、みかんなどの食料で、ゴール後におなかがすいていたのですぐに食べた。

参加費:1万円。東京マラソンは、大会の収支計画、結果が公開されており、今回の予算は約19億円。ランナー1人当たり5万円もかかっている。
とても参加費(3億6千万円)だけでは足りなく、企業からの協賛金や東京都の負担などで大会が運営されている。実際にランナーとして参加して、これだけの大会規模で、これだけ整然と運営され、ボランティア、沿道の人に盛り上げてもらえる大会で、参加費1万円は決して高くないと感じた。


最後に: 当選倍率は常に10倍となる理由が、参加する前も感じていたが、参加してますます納得できた。1回参加すると、来年もまた参加したくなる大会なのだ。特に今回は天気も最高で、走っていて本当に気持ちよく走れた。

また、くまモンの被り物、衣装を着ていると、男性、女性、年齢関係なく沿道から「くまモンがんばれ〜」の声援をもらい、「ありがとう〜」と何度もハイタッチをしながら走った。かぶり物を一度すると病みつきになってしまう気がする。エスカレートしないように気をつけなくては。

(END)


Copyright TEAM TOSHIRO HASHIRO All Rights Reserved.
inserted by FC2 system